先頭に戻る

モットンは密着度が高いから夏は暑いかも

MENU

夏場にモットンを購入しました

モットンって暑い?

我が家にモットンが届いたのは7月中旬。
夏に向けて気温が上がり始める時期でした。

 

モットンにしたら暑くなった?

モットンが届くまでは、普通に寝れていたはずですが、モットンに変えたら夜、暑い・・・?

 

季節的に気温があがるタイミングだったのか、それとも、モットンのせい?

 

解決策

ひんやり寝具

我が家では夏になると冷触感のベッドパッドに切り替えます。
今年はまだ通年用のベッドパッドだったので、とりあえず、冷触感のベッドパッドに敷き替えてみました。

 

すると、暑さは和らいだような。
とりあえず、これで夏は越せそうです。

 

暑く感じる理由は?

これは私が寝た感想を元に、考察した仮説です。

 

モットンに寝てみるとわかるのですが、肩からつま先までモットンと密着します。
たぶん、これが暑いと感じる原因でしょう。

身体に沿って凹む

高反発力で身体を支えるため、仰向けに寝た時は背骨に沿って、横向きに寝た時は肩から腰へのラインに沿って、モットンは圧が高いところは深く凹み、圧があまりかからないところは浅く凹みます。
そのため、ほとんど隙間ができません。
隙間ができないと、空気が通りにくいですよね。
空気が通らないと熱が籠ります。
だから、モットンで寝たとたんに暑く感じるようになったのかもしれません。

 

モットンに熱は籠る?

モットンの素材はウレタンフォームなので、保温性はあると思います。
特別暑いのかと言うと、そうでもありません。
普通の綿布団だって保温性はありますよね。
ウレタンフォームだから暑いと言うわけではないと思います。

 

モットンは湿気は籠りにくい

夏、寝ている時に暑いと気になるのが寝汗。
寝ている間にかいた汗は、衣類や寝具にしみこみます。
だから、寝具はこまめに干して湿気を逃さなくてはならないのです。

 

モットンは通気性が良いので湿気は籠りにくいですが、湿気や寝汗が気になる場合は風通しをこまめにした方が良いでしょう。

通気性

 

カビは発生しにくい素材ですが・・・

特に、フローリングのような水気を吸わない素材の上に直接敷く場合、布団とフローリングの間に湿気が溜まりやすくなり、敷きっぱなしにしておくとカビの原因になります。
これは、敷布団の素材やモットンに関わらず、注意するべきことです。

 

モットンはカビやダニが発生しにくいクリーンな素材ですが、もし、フローリングの上に万年床を作っているのであれば、すのこベッドを敷いたりして、湿気が溜まらないようにしましょう。

 

秋からは快適に

涼しくなると快適

2016年は9月に入ってからも夏が続いているかのような暑さでしたが、10月に入ると夜は涼しくなってきましたね。
では、気温が下がってからの寝心地はと言うと、かなり快適です。

 

身体が冷えにくいせいか、夏の終わりに早朝、気温が下がり始めた頃も寝冷えすることがありませんでした。

 

密着するせいか、モットンは夏場、暑く感じるかもしれません。
でも、反対に寝冷えしにくい。
そう考えると、熱が籠りにくいひんやり系の寝具を使って快適に寝られるようにすれば、暑いのもメリットに変えられると思います。