先頭に戻る

めりーさんの高反発枕とモットンの組み合わせ

MENU

枕はあった方がいいです!
寝ている間に首をどんな状態にしているかで、肩こりが治ったり、疲れが取れやすくなったりします。

 

モットンで寝る場合も首の隙間を埋める枕があると、より快適に眠れます。
めりーさんの高反発枕は、6枚のシート組み合わせて約5mm単位で高さ調整ができ、首のアーチに合った形をカスタマイズできますよ。

中身のシート

 

枕なしでモットンに寝てみると・・・

寝れないことはないです。
反発力が強いので、頭が沈まないし、枕は低い方が好きな方は、枕なしでも快適かもしれません。
でも、横から見ると首とモットンの間に隙間ができます。
この隙間が、首や肩に余計な負担をかける原因になるのです。
普段から肩こりが酷い方は、一度枕を見直してみることをおすすめします。

 

枕で寝心地が変わる?

眠れない原因は、枕だと思っていました。
だから、

  • 枕無し
  • 寝返りが打ちやすい枕
  • 固い枕
  • 羽枕

など、様々な枕を使ってみたんですが、やっぱり寝にくい・・・

 

私、間違っていたんです!
「眠れない原因は枕」までは合っていたんですが、寝心地を良くするには「首をしっかり支えてくれる枕にすること」だったんです!

枕の説明1

既製品の枕だと、首の形に合うものを探すのはかなり難しいんですよね・・・
めりーさんの高反発枕の場合、中身が6枚のシートに分かれているので、出したり入れたりすることで、自分好みの高さに調整できます。

枕の説明2

実際に使ってみるとわかりますが、シートが1枚多いか少ないかで、かなり頭の位置が変わるように感じます。
もし、めりーさんの高反発枕を購入したなら、そのまま使うだけでなく、シートで高さ調整をしてみて下さいね。

 

高さ調節の仕方

めりーさんの高反発枕の裏にマジックテープが2ヶ所ついています。

マジックテープで開く

これをビリッとひっぱると、中身が取り出せる仕組みになっています。
シートの組み合わせ次第で、男性でも女性でも体型に合わせて使うことができますよ。

 

寿命が長い

枕探し中に知ったのですが、枕にも寿命があります。
綿入り枕の寿命が短く、半年程度でペッタンコになってしまいます。
羽枕でも3年程度で寿命が来るそうです(私はもっと使っていましたが・・・)。

 

素材によりますが、枕の寿命は半年〜3年。
意外と短いですよね。
もちろん、へたる度に中身を足したりすれば長持ちしますが、メンドクサイ(+_+)

 

めりーさんの高反発枕はと言うと、約11年!
11年毎晩寝た場合を想定した耐性試験に合格しているので、手入れをしなくても長く使うことができます。

 

高反発枕以外でも体型に合えばOK!

モットン自体が高いので、枕もそろえるとかなり高額になります。
90日の返品保証がついていると言っても、躊躇しますよね。
そんな時は、枕は別の素材でも大丈夫です。

 

私が試した感想ですが、寝返りしやすいように設計された枕も寝心地良かったです。
モットンも寝返りをスムーズにできるようにサポートされているから相性が良いのかもしれません。

 

1日でも早く快適に眠れる環境を整えたいのは山々ですが、金銭的な負担がストレスになるのも困りますよね。
出来るところから改善して行く方が、だんだん眠り易くなるのも感じて満足できると思いますよ。