先頭に戻る

モットンはメンテナンスもラクなんです!

MENU

モノグサ主婦にはモットンがピッタリ!

使い方やメンテナンス方法が複雑だと、使う気が失せますよね。

うんざり

私の母は高いスチームレンジを買ったのですが、スチーム料理なんて面倒くさくてしたことないそうです。
もったいない・・・

 

話がそれましたが、布団もメンテナンスが必要ってご存知ですか?
「寝ている間にコップ1杯分の汗をかく」と言う話は有名ですね。
汗の染み込んだ布団は不潔!
放置するとカビやダニが発生する原因になります。
週に1度くらいは天日干しが必要なのです。

 

でも、実際には万年床・・・と言う方も多いと思います。

 

日中仕事していると土日しか干す時間がないし、マンション高層階などはベランダに布団を干しにくいですよね。

 

そこでおすすめしたいのが、部屋の壁に立てかけておくだけで除湿が完了する高反発マットレスの『モットン』です。
ダニを寄せ付ず、ホコリがたたない素材なので、ペットや小さいお子さんがいても安心ですよ!

 

忙しい人にも!モットンはメンテナンスがラクなのに長持ちします

 

モットンのメンテナンス方法

布団干し不要

普通の布団は、ベランダの手すりや布団干しにかけて天日干ししますね。
寝室からベランダまで、約3kgの布団を運ばなくてはならないわけです。

 

モットンの場合は、起きたら畳まずに壁などに立てかけて空気が通るようにしておくだけ。
通気性のよい高反発マットレスなので、これだけで湿気が逃げてくれます。

 

モットンも重さは約7kgありますが、移動距離は室内で済みます。
布団干しの手間もかからず、家事がラクになりますよ。

 

腰痛持ちの方にとって、重たい布団の移動距離は少しでも短い方が嬉しいですよね。

 

また、2週間に1回程度の頻度でモットンの裏表、上下を入れ替えるとヘタりにくいですよ。

 

仕事が忙しい人にも最適

仕事中の女性

お天気に合わせて仕事に休みが取れればいいのですが、そんな訳に行きませんよね。

 

モットンは、天候に関係なく室内で干せます。

 

24時間換気のマンションの場合は、室内の湿度が40%前後のことが多いと思います。
部屋の空気が乾燥しているので、モットンもよく乾きますよ。

 

部屋の湿度が高い時は、エアコンの除湿機能を使うと良いでしょう。

 

布団乾燥機などを別途購入する必要もなく、経済的です。

 

ベッドだから大丈夫・・・は勘違い!

ベッド

ベッドマットレスにも湿気が溜まるってご存知ですか?
ベッドの取り扱い説明書にも書かれていると思いますが、最低半年に1度程度は除湿のために干したり、ベッドマットレスの歪みを防止するために方向を変えなくてはなりません。
放っておいて良さそうな気もしますが、実はメンテナンスが必要なのです。

 

モットンはベッドマットレスの上に敷いても使えます。
ベッドマットレスより薄く軽いため、こまめにラクにメンテナンスすることができますよ。

 

丸洗いはできません

丸洗いNG

綿布団の場合、専門店に依頼すれば布団丸洗いクリーニングが受けられます。
そこそこお値段はしますが、干すよりふんわりして気持ちいいです♪

 

その点、モットンは丸洗いができません。
飲み物をこぼしてしまったりした時は、汚れをふき取ることしかできません。
スッキリするのが好きな人にとっては、デメリットかもしれませんね。
附属のカバーを使うと表面は清潔に使うことができますよ。

 

最長10年使えます!

ぐっすり眠る

買ったばかりの時はフワフワしていた綿布団。
1年経つと嵩が半分程度になり、3年経つとぺったんこ・・・

 

でも、モットンは約10年間使えます!
寝返りをうつときに、布団に負荷がかかるのですが、10年分の負荷試験にクリアしているのです。
実際に、数年使ってもまだまだへたりません!
本当に10年使っている人もいますよ!