先頭に戻る

高反発マットレスと低反発マットレスを比較

MENU

「高反発マットレスって、あの、身体が沈み込むようなやつだよね?」
違います!
それは、たぶん低反発マットレス。

 

高反発マットレスは、跳ね返る力が強く、沈み込みません。

 

高反発と低反発の違い

反発力の違い

 

低反発マットレスにボールを落とすと、マットレスが衝撃を吸収してボールは弾まずに転がります。

 

高反発マットレスにボールを落とすと、ボールは跳ね返り、ポンポンと弾みます。

 

2者は全く反対の性質を持っています。
手で押した時も、低反発マットレスは手形が残ってゆっくり元通りになりますね。

低反発マットレスの手形

 

でも、高反発マットレスは、そもそも手形が付きません。
手を押し付ければ凹みますが、押し返される感覚があり、すぐに元通りになります。

モットンを手で押す

 

この違いが寝心地も左右します。

 

寝心地の違い

低反発マットレスに寝ると、身体が沈み込み、包まれているようで快適にも思えます。
でも、この『沈み』が寝返りを邪魔します。
その結果、ぐっすり眠っているようなのに、「起きたら肩や腰が痛い」と言う結果をもたらします。

 

高反発マットレスに寝ると、多少は身体が沈みますが、適度な反発力を感じます。
まるで、床から押し返されているみたい。
だから、身体が沈みすぎずに、スムーズに寝返りが打てます。

反発力

 

腰に良いのは?

腰が痛い人におすすめしたいのは高反発マットレスです。

 

理由は、

  • 身体が沈みすぎずに体圧を分散できる
  • 背骨をまっすぐに保ちやすい
  • 寝返りしやすいため血行不良にもならない

の3点が大きいです。

 

反対に、低反発マットレスは身体が沈むので背骨は湾曲しやすいし、寝返りも打てずに寝ている間じっとしていなくてはなりません。
腰が痛い人は避けるべきでしょう。

 

低反発マットレスが向いている人は?

熟睡する女性

でも、悪い寝具の人気が出るなんて考えられませんね。

 

低反発マットレスにも良いところはあります。
それは、寝心地。

 

自分型にベッドが変形するわけですから、身体に抜群にフィットします。
また、背骨を丸くすることでリラックス効果も得られ、安眠しやすいとも言われています。
(緊張する時は背筋をピンと伸ばしますよね。でも、コタツでうとうとする時は背中が丸くなっているはず。背骨と緊張感・リラックスは関係があります。)

 

体質や、求める睡眠の質でマットレスを選ぶと理想の寝心地が手に入るでしょう。