先頭に戻る

モットンは3種類の硬さから選べます

MENU
  • 100N
  • 140N
  • 170N

「何の数字?」と思われると思いますが、これらはモットンの硬さです。
数字が小さいほど柔らかく(反発力が弱い)、数字が大きいほど硬く(反発力が強い)なります。

 

モットンの硬さの選び方

52kgのモニター結果

N(ニュートン)が小さいモットンに体重が重い人が寝ると、腰が沈んでしまいます。
Nが大きいモットンに体重が軽い人が寝ると、マットレスと身体の接着面が小さくなり、不安定な寝心地になります。
寝心地の好みによりますが、Nは体重に合わせて選ぶと腰の沈みがなく寝返りやすく、さらに体圧分散されて快適な寝心地になります。

N おすすめ体重
100N 〜45kg
140N 45kg〜80kg
170N 80kg〜

 

実際に寝てみると・・・

体重45kg

私の体重は45kgです。
ちょうど100Nを選ぶか140Nを選ぶか迷うところですが、ダブルベッドで使うために140Nにしました。
寝心地はトランポリンに寝ているような弾む感じが多少します。
仰向けになると肩やお尻はしっかり沈み、腰もモットンが密着している感じがするので、100Nだと柔らかく感じたかもしれません。

 

主人の体重は75kgです。
140Nがおすすめ体重の範囲ですが、最初に寝た時に「背中が痛いかも」と心配そうにしていました。
私より体重が重いので腰の沈みが大きいのかもしれません。
10分程度で寝心地にも慣れると「すごく楽」に感想が変わりましたが、もしかしたら80kgギリギリの方は170Nの方がいいかもしれません。
また、75kg以上体重があり、反発力が強い弾むような寝心地を求めるなら170Nをおすすめします。

 

体重は一人ずつの目安です

私がしていた勘違いなんですが、45kg+75kg=120kgで170Nかと思っていたんですが、違いました!
体重の目安は一人ずつの体重です。
2人以上で寝るために大きなモットンを買う場合も、体重は足さずに、それぞれの体重で判断して下さいね。

 

2人以上で一緒に寝る場合

体重が違う人と一緒

夫婦で寝たり、親子で寝たり、同じモットンで2人以上の人が寝る場合があると思います。
そんな時、体重に開きがあると、どちらに合わせたらよいか迷いますよね。
実際に使っている私としては、体重が重い方に合わせることをおすすめします。
体重が軽い方に合わせて柔らかいモットンを注文してしまうと、体重が重い人の寝心地が悪くなるからです。
特に腰に負担がかかりやすくなるので、モットンで寝る意義が半減してしまいます。

 

また、夫婦で寝る場合、女性は妊娠して体重が10kgぐらい増えることもありますから、長い目で見て選ぶことをおすすめします。

 

1回交換ができます

違う硬さに交換できる

私達のように、体重がNの基準ギリギリの場合、届いて寝てみて「もっと硬い方が良い」「柔らかくしたい」など、希望が出る場合がありますよね。
そんな時は、配送手数料(3,942円)で違うNのモットンに交換できます。
90日間の返金保証期間内であれば交換可能なので、実際に寝て身体に沿わないと感じたら交換を検討してみて下さいね。

 

90日間交換OK!3種類の硬さが選べる【モットン】