先頭に戻る

明るさや寝具など、快眠できる部屋の特徴

MENU

快眠できる部屋とは?

快眠部屋の作り方

落ち着く部屋はリラックスできますね。
でも、「落ち着く」ってどういうこと?

 

北欧風のインテリアが落ち着く人もいれば、
キュートな雑貨で落ち着く人もいるし・・・
「落ち着く」って、人の好みによるところもるんじゃない?

 

今回は、好みとは別に、眠る時に落ち着く環境について紹介します。

 

明るさ

間接照明

まずは、1番気になる人が多い明るさについて。

 

  • 真っ暗にして寝る
  • 豆電球をつけて寝る
  • 蛍光灯の明かりをつけて寝る

どれが1番快眠できるのでしょうか?

 

答えは、豆電球
さらに完璧を求めるなら、間接照明にしましょう。

 

真っ暗の方が眠れるような気がしますが、入眠する時は若干明かりがあった方が適しています。
ただし、天井の照明についている豆電球は、直接的に光が目に入り、まぶしく感じることもあります。
そして、眠った後は消えるとベスト!

 

なので、タイマー機能付きの関節照明やアロマライトがあると便利です。
ライトの色はリラックス効果のある暖色系を選びましょう。

 

まぶしいと感じる時は、枕元ではなく、足元や、部屋の端など、光が目に直接入らない所に置いて下さい。

 

家にあるもので間接照明

照明器具を買わない方法

例えば、デスクライト。
通常は手元を明るくするためのものですが、明かりを壁側に向け、光を反射させてください。
じんわりと光がひろがって、いい感じになります。

 

100円均一で買えるキャンドルも手軽ですよ。
揺れる炎は心地良いし、30分〜1時間程度で消えます。
キャンドルホルダーを変えると様々な雰囲気を楽しむことができます。
寝る前に使う時は、くれぐれも、火事にならないように注意して下さい!

 

香り

芳香剤を置いている人も多いと思いますが、できたら寝室は無臭がおすすめ。
備長炭などを置いて、悪臭を取り除きましょう。

 

余計なニオイがなくなった上で、アロマなどを使うようにしましょう。

 

良い香りでも、様々なニオイと混ざると不快に感じることもあります。
備長炭は100円均一で売っているものでもかまいません。
自分では気が付かないニオイがある場合もあるので、一度試してみて下さい。

 

快眠できるアロマは?

お勧めのアロマ

ラベンダーのイメージが強いと思いますが、ネロリやスウィートオレンジ等の柑橘系もお勧めです。
リラックス効果のあるイランイランを愛用する人もいます。

 

「安眠に良い」と言われても、苦手な香りで寝ることは苦痛になります。
嗅いでいて心地よいと思える香りを選びましょう。

 

また、濃度に関しても注意が必要です。
精油は1〜2滴で充分香ります。
多すぎると気分が悪くなったり、頭痛がする人もいるので、精油の使用量は守るようにしましょう。

 

温度・湿度

植物で加湿

室温は20℃、湿度は50〜60%が理想的です。

 

春、ついウトウトしてしまう人も多いと思いますが、春の気温がだいたい20℃、湿度50〜60%です。
快眠にピッタリな気候なので、眠くなってしまっても仕方ないですよね。

 

湿度の管理は加湿器を使わないと難しいと思われがちですが、観葉植物を置くだけでも効果はあります。
植物には蒸散と言う機能があり、葉から水蒸気を放出し、乾燥を防いでくれます。
加湿器のように加湿しすぎることがないし、グリーンは癒し効果もあるし、一石二鳥です。

 

観葉植物も100円均一で買えますよ。
初心者でも育て易い種類が揃っていて、100円とは思えない程成長するのでお得♪
SNSでも話題になっています。

 

植物を育てるのが苦手な方は、濡れタオルを室内に干しておくだけでも加湿ができますよ。

 

寝具

寝具も好みが分かれるところですが、快眠にお勧めなのは、寝心地が固めのマットレスです。

 

敷布団が合わないと

身体が沈み込むマットレスが気持ちいと感じる人もいますが、寝返りが打ちにくく、身体の疲れが取れていないことがあります。

 

「固い」と言うイメージから、せんべい布団のようなペッタンコや、跳ね返りの強いスプリングマットを思い浮かべるかもしれませんが、これも違います。
確かに固いけど、沈み込む余地がないため、これでは身体の凹凸に合いません。

 

健康的な背骨はS字カーブを描いています。
このS字カーブを寝姿勢でも正しくキープできた方が、身体はラクです。
そうなると、重い頭や肩、お尻は適度に沈み込まなくてはなりません。

 

また、横向きになった時は、背骨が一直線になるのが理想です。

 

「固い」だけではなく、身体に沿う「弾力性」も兼ね備えたマットレスが理想です。

理想の寝姿勢
身体を支える140N【モットン】