先頭に戻る

モットンは不眠症の改善にもおすすめです

MENU

もしかして、不眠症?

寝たいのに眠れない

ベッドに入ってから眠りの落ちるまで、何時間かかりますか?
私はここ数年、3時間以上かかっていました。
何時間もかかるのが普通だと思っていたんですが、普通の人は30分以内に眠れるらしいです。
この事実を知って、自分が不眠症になってしまったことに気が付きました。

 

リラックスして寝つきがよくなりました【モットン】

 

心療内科でルネスタを処方してもらっていました

ルネスタ

一言で不眠症(睡眠障害)と言っても、人によって困っていることが違い、大きく分けて4つの障害があります。

  • 寝付けない⇒入眠障害
  • 何度も起きてしまう⇒中途覚醒
  • 早く起き過ぎてしまう⇒早朝覚醒
  • 眠りが浅い⇒熟眠障害

これらのうち、1つだけ当てはまる方もいれば、2つ以上を併発している方もいます。
どのタイプによるかで使う薬も変わります。

 

私の場合は、完全に入眠障害。
なので、入眠を助ける薬である「ルネスタ2mg」を処方してもらい、寝る直前に飲むことでベッドに入って30分以内に眠れるようになりました。

 

眠れないのは困るけど・・・

ずっと必要?

ルネスタで眠れるようになったのは嬉しいけど、このまま一生薬を飲まないと眠れないの?
そんな不安がふと浮かんで来ました。

 

ルネスタを服用しても口の中が不味くなる程度で、副作用はほとんどありません。
途中でやめても反動で眠れなくなるとか、依存性のある薬ではないそうですが、一生このままは嫌だな・・・と思い、色々と快眠情報を試してみました。
平日はルネスタを飲んで寝ますが、金曜・土曜の夜は自力で素早く眠れる努力を始めてみたんです。

 

効果があった快眠情報

薬なしで眠りにつくコツ

呼吸を深くするとか、ラベンダーがいいとか、ストレッチとか、スマホを見ないとか、色々やったけど全然ダメ。
反対に「眠れないこと」を意識してしまって、私には合いませんでした。

 

そんな中で不眠症改善効果があったのが、この2つ。
「どうでもいいことを考えること」「寝具を変えること」でした。

 

どうでもいいことを考える

関係ないことを考える

私の場合、頭の中を空っぽにしようとすればするほど、色々な心配事・不安が押し寄せて来て眠れなくなるタイプです。
それなら・・・と、思いきって「考える」ことにしました。

 

私の場合は、昔読んだ漫画や本、見た映画の内容などを思い浮かべています。
例えばハリー・ポッターなど、できるだけファンタジックなものを選んで、現実逃避。
詳細を覚えていなくても気にしないようにし、「空飛びたいな〜」みたいなふんわりした感じで世界に浸ります。
どうせ眠ってしまえば夢の中なので、うろ覚えでも大丈夫!細かいことは気にしません。

 

どうでもいいことを考えていると、心配なことを考える暇がないので、気が付くと眠れるようになっていました。

 

寝具を変える

まず、枕を変えてみました。これは効果なかったです。

モットン

次に、マットレスを変えてみました。これが大当たり!
高反発マットレスの『モットン』と言う商品で、本来は腰痛に悩む人向けのマットレスです。
高額商品だったのですが、宣伝文句の「宙に浮いているような寝心地」と言うのが気になり、理由を問わず90日間の返金保証がついていたので、「眠れなければ返品してしまおう」と思い切って購入。

 

寝心地は意外と固く、弾む感じです。
ハンモックに近いかな?
身体に変な力が入らず、リラックスできるのか、モットンに変えてから平日でもルネスタなしで眠れるようになってきました。

 

本当にモットンのおかげ?

実家の布団

不眠症改善しておいて何ですが、実は、まだ「本当にモットンのおかげなのか・・・?」と効果を疑っていました。

 

でも、お盆で実家に1週間くらい帰省した時のこと、「ね・・・眠れない・・・」
環境が変わったのもあるかもしれませんが、畳の上に布団を敷くと言うスタイルでは眠れなかったんです。
余ったルネスタを持ち帰っていて良かった・・・

 

自宅に帰ってモットンに横になると、やっぱり眠れる。
私にはこの寝心地が安心できて、合っているようです。

 

コスト面でもメリットがありました

1日当たり約10円

私の通っていた心療内科では、初診ではルネスタを1ヶ月分しか処方してくれませんでしたが、再診からは2ヶ月分まとめて処方してもらえました。
診察+薬代は2ヶ月で約5,000円。
仕方がないですが、「もったいない」と言うのが本音でした。

 

モットンは、シングルサイズで39,800円。
値段が高いので、以前の私ならスル―する商品ですが、医療費がかかってる今、計算してみると
5,000円×通院8回(16ヶ月分)=40,000円
「1年4ヶ月で元が取れるじゃん!」
何より、「一生薬を飲まないと眠れないのでは?」と言う不安から解放されることが魅力的に感じました。

 

モットンの寿命は約10年なので、1日当たりの費用は約10円。
10年病院に通うと思えば高い買い物ではないと思います。
腰痛対策向けの寝具ですが、「寝にくい」と言う理由でも返品に対応してもらえるので、「寝てみたいな」と思ったら試してみて損はありませんよ。

 

もし、私のように入眠障害タイプの不眠症で悩んでいるのであれば、モットンで改善できる可能性があります。
他の快眠情報を試してみてもダメなら、ダメモトでモットンを試してみてはいかがでしょう。

 

モットン【90日間返金保証】今なら2万円引き!