先頭に戻る

キャンピングカーで使えるマットレス

MENU

後部座席をフラットにして寝るタイプのキャンピングカーは、寝心地がいまいちな事ってありますよね。

 

「クッションが悪いのかな」
と思うなら、マットレスを敷いてみてはいかがでしょうか。

 

モットンは三つ折りにできるので、家から車まで持ち運びできます。
高反発で身体を押し上げるので、とても寝心地がいいですよ。

朝起きるのがラクに
公式サイトはこちら

 

 

家で使ってるモットンをキャンピングカーに

道の駅

キャンピングカー用にマットレスを買っても良いのですが、毎週のようにキャンピングカーで出かける予定が無いなら、もったいないかな〜と思います。

 

そこで、モットンを買って普段は家で使い、旅行の時だけキャンピングカーに持って行ってはいかがでしょう。

 

モットンはシングルサイズで39,800円なので、キャンピングカー用に買うには高額です。
でも、毎日使うマットレスとしてなら、どうでしょう?

 

キャンピングカーでも、毎日寝ているマットレスで眠れるなら、快適な旅ができると思いませんか?

 

腰痛対策に

モットンをキャンピングカーで使うメリットは、寝心地の他にもう一つあります。

 

実は、モットンは腰痛に悩む方のために開発された高反発マットレスです。
寝ている間に腰に負担がかからない姿勢をとれるため、朝、痛みを感じずにスッキリ起きられると好評です。

 

キャンピングカーで遠出すると、普段は腰痛とは無縁でも、「腰が疲れた」と感じる方も多いと思います。
長時間のドライブは肩や腰が凝りますからね〜
軽キャンだと、座席のクッションも良くない場合が多く、疲れたと感じますよね。

 

そんな疲労を、夜、ぐっすり寝て取れば、翌日も旅行を楽しめますよ。

 

モットンを車に置きっぱなしはNG?

車内に放置はダメ

モットンは、ウレタンフォームのマットレスです。
高温に弱く、劣化しやすくなります。
そのため、夏場は50℃以上にもなる車内に放置すると、劣化を早める危険があります。
モットンを車に置きっぱなしにするのは避けた方が良いでしょう。
車内に放置しないと言う意味でも、家とキャンピングカーで同じモットンを使うのは、合理的だと思います。

 

サイズを確認してみよう

メジャー

まずは、キャンピングカーでマットレスを敷きたい部分のサイズを測ってみましょう。

 

モットンは長さ195cm、厚み10cmです。
横幅は
シングル97cm
セミダブル120cm
ダブル140cm
です。

 

軽キャンの場合、室内が幅120cmくらいあるので、セミダブルが敷ける可能性が高いです。
シングルなら全く問題なさそうですね。
ひとつの目安にして下さい。

 

附属のゴムバンドで止めると三つ折りにすることもできます。
持ち運ぶ時は三つ折りにしておけば、手が回りやすいですよ。

 

ちなみに、重さはシングルサイズで7.5kgあります。
少し重いですが、男性なら持ち運べると思います。

 

買おうか迷ったら・・・

合うサイズが見つかったら、「使ってみたいな」って気持ちが湧いてきますよね。

 

「でも、値段が高いし、本当に使うかわからない・・・」
迷ったら、まずは買ってみて下さい。

 

実は、モットンは公式サイトで購入すると90日間の返金保証がついて来ます。
実際の使用環境で寝てみて、「いいな」と思えないなら、理由を問わず返金してもらえますよ。

朝起きるのがラクに
公式サイトはこちら