先頭に戻る

朝起きる時、腰が痛いのはなぜ?原因と対策

MENU

日中は痛くないんですが、
朝起きた時だけ腰が痛いんです。
これも腰痛でしょうか?

 


 

実は多い!朝起きた時だけの腰痛

朝の腰痛は腰痛の始まり

腰痛で悩む人は非常に多いですが、それ以上に多いのが、「朝起きたら腰が痛い」と感じている人。

 

普通の腰痛は、いつも痛いので「病院へ行こう」とか、「整体へ行った方が良いかな」とか、ケアしようと思うのですが、「朝起きた時だけだから・・・」と、そのまま放置してしまう人が少なくありません。

 

そのため、酷くなってしまい、『朝の腰痛』が『日中も痛い腰痛』へ変わってしまう場合もあります。

 

「朝、起きた時に腰が痛いな」と感じたら、もう、腰痛になりかけています。
酷くならないうちに対処しましょう。

 

朝起きた時だけ腰が痛くなる原因とは?

朝起きた時に腰が痛くなる原因は、主に5つあります。

  1. 寝る時の姿勢が悪い
  2. 血液循環が悪い
  3. 病気を持っている
  4. 寝る前に食事をしている
  5. 寝具が身体に合っていない

項目だけを見て、「あ、これかも」と、予想がつく方もいると思います。
なぜこれらが朝起きた時に腰が痛い原因となるか、詳しく説明します。

 

1、寝る時の姿勢が悪い

うつ伏せ寝で寝ている方
右側または左側だけを向いて寝ている方
要注意です!!

こんな姿勢で寝ていませんか

 

姿勢が悪いと腰が痛くなる。
これは、もう常識ですよね。
立ったり、歩いたり、座ったりと言った日常生活だけでなく、寝ている間の姿勢も腰痛の原因になります。

 

最も危険なのが、うつ伏せ寝。
首がねじれ、背骨にもその歪みが影響するため、腰が痛くなりやすい寝方です。

 

右側または左側だけを向いて寝るクセがある方は、骨格が歪んでいる可能性があります。
骨格の歪みは、腰痛を引き起こす原因です。
同様に、『日常的に足を組む』、『片方でばかり荷物を持つ』などのクセがあったら要注意です!

 

心当たりがある方は、できるだけ仰向けで寝られるように気をつけてみましょう。

 

「仰向けでは落ち着かない」、「寝にくい」と感じる場合は、寝具を見直すと仰向けで寝やすくなることもあります。
また、身体の歪みを治すと仰向けで寝やすくなることもあります。

 

2、血液循環が悪い

腰をひねるのが痛いとか、重く感じる方は要注意!

血行不良が気になりませんか

 

血液循環が悪くなると、筋肉がこり固まり、疲労物質が溜まって腰痛が起こります。
特に腰痛を起こしやすい人は、腰回りの血液循環が悪い傾向にあります。
腰回りの筋肉が固まってしまって、可動域が狭くなり、腰を回したりひねったりすると思ったより動かなかったり、痛みを感じることがあるのです。

 

血液循環を良くするためには、温めて動かすこと!
お風呂に入った後のストレッチが最適です。

 

このタイプは、血液循環が改善されれば痛みが引く場合が多いので、早ければ1週間程度で効果が出て来ますよ。

 

3、病気を持っている

病気の可能性も

中には病気のせいで、朝起きる時に腰が痛く感じている方もいます。

 

◆尿路結石
◆腎盂腎炎
◆十二指腸潰瘍
◆肝炎
◆膵炎・膵臓がん
◆子宮内膜症・子宮がん

 

このような場合、自分では治療できません。
心当たりのある方は、病院で検査を受け、適切な治療を受けましょう。

 

4、寝る前に食事をしている

残業続きで、帰って食事をしたらすぐに寝てしまう方
お腹が空いて寝る前に間食してしまう方
要注意です!

寝る直前に食べていませんか

 

寝る直前に食べると、食べ物が消化されずに残ってしまっている状態です。
寝ている間も内臓は、食べ物を消化するために働き続けないとならなくなってしまうのです。
内臓だって、休みたい!
本来なら休んで良い時間帯まで働かされたら、負担が大きくなり、疲労が溜まって痛みが出てもおかしくないですよね。

 

食事の消化には2〜3時間必要です。
だから、寝る3時間前までに食事を終わらせておくことが理想です。

 

もし、「寝る前しか食べる時間がない」と言う方は、なるべく消化が良いものを選びましょう。

 

基本的に、油物は消化が悪いです。
揚げ物ばかりのお弁当を買う習慣がある方は、変えて下さい!

 

「果物は酵素がたっぷり含まれているから消化が良い」と言うのはもっともですが、夜、寝る前に食べるのはやめましょう。
果糖が多く、太る原因や、血中中性脂肪が上昇する原因になります。
中には、夜食べた方が良いとされる果物を紹介している健康情報もありますが、あくまで、寝る前に消化してしまうことが前提です。
寝る前に消化できない可能性がある場合は、食べない方が吉です!

 

では、消化の良い食べ物とは?
風邪を引いた時に食べるお粥や煮込みうどんなどが代表的な例ですが、それだけでは飽きてしまいますよね。

  1. 温めて食べる料理
  2. 火を通した野菜や肉・魚・卵類
  3. 柔らかい料理

上記の3大ポイントをふまえた料理を選べば、消化が早く、胃に負担がかかりにくいです。

 

冷たい物やデザートを食べたい時は、ヨーグルトがお勧めです。
ヨーグルトは牛乳に比べ、タンパク質が消化されやすい形になっているし、夜のヨーグルトは整腸作用も期待できます。

 

5、寝具が身体に合っていない

身体が沈み込む柔らかい布団やマットレスで寝ている方は、要注意!

合う寝具を選んでいますか

 

ちょっと前まで、「腰痛には低反発」と言われていた時期もあります。
でも、最近はそれが見直され始めていることをご存知ですか?

 

確かに、低反発マットレスは身体が沈み込んで気持ちが良いです。
でも、それって自分型の型に朝まではめ込まれて身動きできない状態です。

 

どんなに気持ちのいいクッションがあっても、ずっと身動きできないのはツライですよね。
筋肉が動かないので、血行も悪くなります。
すると・・・そう、腰痛になるのです!

 

「柔らかすぎる寝具は、寝返りを妨げる原因になる」と言うのが、最近の常識になりつつあります。

 

では、どのような寝具を選ぶべきでしょうか?
ズバリ、寝返りしやすい寝具です!

 

寝返りには、寝ている間に身体のストレッチをするような役割があります。
ただ単にゴロゴロしているわけではありません。
寝ながら筋肉を動かし、疲労を回復しているのです。

 

スポーツ選手はハードなトレーニングをした後に整備運動をしますよね。
ハードな運動で溜まった疲労を、軽い運動でほぐしているのです。

 

寝返りは、この整備運動に相当します。
日中に使った筋肉を、寝返りでほぐしているのです。

 

「寝返りをしやすくするには、硬い寝具の方が適している」と言われています。

 

「腰痛に悩む方はフローリングで寝る」と、時々聞きますが、硬いフローリングの方が寝ている間に動きやすいのです。
でも、実際にフローリングで寝ると、朝、身体が痛いです。
腰どころか、体中が痛いんです!
硬すぎるのは、別の悩みが出て来てしまいます・・・
ですから、本当にフローリングで寝るのではなく、自由に動ける硬さがある寝具を選ぶことをおすすめします。

 

硬さの好みは色々ありますが、最近注目されているのは高反発マットレスです。
押すと沈むウレタンフォームを素材に使っているので、「柔らかい」と感じる方もいるかもしれませんが、跳ね返る力が強く、寝返りをサポートするところがポイントです。

 

ニトリなどの大型家具店でも販売していますし、有名寝具メーカーからも高級マットレスが販売されています。
近所に店舗がある方は、ぜひ一度、手触りや寝心地を試しに行ってみて下さい。

 

もし、気軽に行ける店舗がない場合は、通販で購入できるモットンと言う高反発マットレスがお勧めです。
シングルサイズで39,800円と値段は高いのですが、購入後90日間の返品保証がついているため、実際に寝て、朝の腰の状態に変化があるかを確かめることもできます。
もちろん、身体に合わない場合は、90日後に返品すればお金が返って来ます。

 

「朝、起きた時に腰が痛い」と言うのは、慢性的な腰痛になる手前です。
今なら、整体や病院に行かなくても、自宅で改善できる可能性があります。
症状が軽い間に対策を練り、実行しましょう。

 

朝起きるのがラクに
公式サイトはこちら