先頭に戻る

モットン2016年バージョンの特徴

MENU

2016年バージョンは

モットン2016年バージョンの特徴は
★厚みが10cmにアップして寝心地が良くなり
★カバーの高級感が増しました

 

改良されたけど、お値段は今までと同じ!
買おうか迷っていたら、新バージョンになった今が買い時!
公式サイトならさらに2万円引きになるのでお得ですよ!
モットン2016年バージョン【定価より2万円引き!】

 

見た目の変化

光沢のある白ベロア風

以前のカバーはグレーでした。
凹凸があまりなく、シンプルで使う人を選ばないけど、ちょっと安っぽい?
また、個人的な好みですが、くすんだ色の寝具は選ばないので、ちょっとな〜と感じていました。

 

モットン2016年バージョンのカバーは、女性ウケしそうな白いベロア風。
ポリエステル製で汚れ落ちも良さそうです。
触ると柔らかく、見た目より薄い感じがします。
中身のマットレスは白い網に覆われているので、中身が透けて見えることはありません。
毛足は短く、フワフワしていないのでラブリー過ぎず、我が家にはとてもいい感じに馴染みました。

 

白ならどんな色のカバーをかけてもカバーの柄が鮮明に見えるので、お部屋の雰囲気に合わせて好きなカバーを楽しみやすいと思います。

 

厚みが8cmから10cmへ

厚み

以前のモットンは厚み8cmでした。
これでも綿布団と変わらない厚みだし、反発力も充分でした。

 

でも、モットン2016年バージョンは10cmへ2cmの厚みアップ↑
より身体をしっかり支え、寝返りしやすくなっています。

 

10cmと言う厚さは、他社の2倍!
床付き感もないため、フローリングや畳に敷いて寝ても背中が痛くならずに快適ですよ。

 

重みもアップしています

一つ難点があります。
以前のモットンはシングルサイズで4kgでした。

 

リニューアル後のモットン2016年バージョンは、シングルサイズで7.5kgあります。
私の購入したダブルサイズに至っては10.7kg

 

モットンは天日干しする必要がないので持ち運び不要ですが、2週間に1回程度立てかけて風通しする必要があります。
ダブルサイズは大きいのに加えて重さもあるので、『立てかけて⇒ひっくり返して⇒ベッドメイク』と言う流れが意外と大変。
ただ、厚みがあり、重さもしっかりしているため、サイズが大きい割にフニャッとすることなく、壁に立てかけられるのは助かります。
シングルサイズなら、もっとラクに風通しできると思いますよ。

 

寝心地は?

モットンに寝た状態

私はモットン2016年バージョンをマットレスの上に敷いて寝ていますが、固いと言うか、ハリがある感じがします。
低反発みたいに身体に合わせて沈み込むのを想像していると全然違います。
床に寝ているような痛みはないけど、背骨が伸びる感じがするのは似ているかなと思います。

 

反発力は140Nを選んだのでかなり強いですね。
手を使わなくてもコロコロ寝返りが打てるくらいです。
慣れるまでは違和感があるかもしれませんが、我が家では私も主人も1日で慣れました。
もし、違和感が続くようなら返品保証を利用すれば大丈夫!
新しくなったモットン2016年バージョンの寝心地を、ぜひ実感してみて下さい。

朝起きるのがラクに
公式サイトはこちら